Moyuku
9 / 109 ツリー    ←次へ | 前へ→

18/07/07 三匹の子ぶたちゃん in ENIWA がく 18/9/24(月) 10:10

18/07/07 三匹の子ぶたちゃん in ENIWA
がく  - 18/9/24(月) 10:10 -
開催日時:平成30年7月7日(土) 14:00〜

開催場所:夢創館(恵庭市)

出演者:林家扇、柳家やなぎ、柳亭一童

演目等:
 一、おしゃべり / 三匹のこぶた
 一、真田小僧  / 扇
 一、天狗裁き  / やなぎ
 一、竹の水仙  / 一童

感想:
<オープニングトーク>
2回目、しかも扇ちゃんの地元。
客席、こなれたかなあ、と思いきや、不思議と固い雰囲気でスタート。
本人達も「なんだろ。このアウェイ感」と言って笑いにしていましたが、前回と客層が違うのか? 地元だからそう変わらないと思うんだけど。ちょっとこっちも戸惑いのままスタート。

<真田小僧/林家扇>
子どもの出てくる噺は女性向き。
ましてこういうちょっとはすっこい子どもの噺は扇さん向き。
父親からお金をくすねようとにやにやしているキン坊の姿が見える見える(笑)
ただ、ちょっと難を言えば「本寸法」「フルバージョン」にこだわらなくてもよかったんじゃないかなあ。
真田小僧は講釈のところまでやっちゃうと、説明が多くなって、ややだれるんだよなあ。ちょっと残念。

<天狗裁き/柳家やなぎ>
主人公の「もう勘弁してくださいよ」感がたまらない。
やなぎさんの人の良さそうな風貌が、よけい主人公を気の毒にみせるというこれまたネタのチョイスがうまい。
昨日の「心眼」はこんな噺もするんだと驚かされたけど、やっぱりこういうちょっと情けない感じの噺をしているやなぎさんのほうが好きかな。
ちなみに私の前の席に座っている人が、これでもかと繰り返される「夢の話を聞かせてみよ」がツボっていたらしく、体をくの字にして笑っていましたわ(^^;

<竹の水仙/柳亭一童>
ネタが始まった瞬間「出た!」と思った。
超バリバリの古典!
ホントに若いのにこういう噺がぴったりくるのはやはり師匠の指導、影響か(笑)
話の運びといい、聞かせ方といい、将来が期待できる若手だと思います。
安心して聞いていられるわあ。
もう、真打ちにしてもいいんじゃない?(褒めすぎ)

三者三様、互いに研鑽し合っているのが分かるステキな会でした。
子ぶたちゃんサポーターとして応援続けますよ!
引用なし

パスワード


<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/69.0.3497.100 Safari/537.36@KD175131254086.ppp-bb.dion.ne.jp>
投稿とコメント

9 / 109 ツリー    ←次へ | 前へ→
 2460
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b2